私はバンコクで日本語教師をしていて、今は週1回でタイ人の兄弟に日本語を教えている。

タイ人に日本語を教えたのは2ヶ月ほど前からで、タイ人の間違えやすい箇所とか癖なんかを把握するのに今も手探りの状態だ。今教えている生徒はタイ人の兄弟で、子供だ。お兄ちゃんは14歳。弟は10歳。2人とも毎回やる気ゼロで、学ぶ気があるのかないのか分からない。きっと親に通わされているんだろう。宿題も全然やってこないので最近はもう出さないことにした。教材プリントやノートも持ってこないし、鉛筆もよく忘れる。しかも申し訳ない態度も全くないので、腹がたってくる。でもここは感情を抑えてニコニコしてやっている。なんせタイ人というのは怒られるのが嫌いで、特に人前でしかられることに慣れてもないし、恥をかかされたという気持ちになって相手を憎むところがある。なのでしかったところで反省なんかしないし、「もうあの先生に教えてもらいたくない」なんて言って学校に来なくなっちゃうかもしれない。それはさすがに困るので私はいつも満面の笑みで授業をする。今日はめでたく忘れ物はなし。でも先々週と先週にひたすら勉強した感じが今日も書けなかった。仕方ないので来週も同じ漢字を書かせることになる。でも絶対に書けないのだ。だって覚えようとしないんだもん。きっとその次の週も同じ漢字の練習だ。こんな調子で全然授業が進まないのだ。間違えたところを確認し、何が正しいのかということを調べようとしない。ボケーとしてプリントの余白に変な絵ばかり書くのだ。でも前任の先生によると彼らはもうどうしようもないとのこと。伸びないのは教師のせいではないので、責任感じなくていいよって言われた。


メインメニュー

タイ人一覧

携帯サイト