私は先週から日本語のプライベートレッスンを担当することになり、生徒の家庭まで教えに行くことになった。

その子はお母さんはタイ人でお父さんが日本人のハーフの女の子だ。プライベートで日本語を習うのは1年くらいになるらしい。でもレベルはかなり低く、水曜日に教えている超やる気ないタイ人兄弟の方がよっぽど会話ができる。動詞もまだマス形しか知らないし、しかも「食べます」「行きます」などの超簡単な単語しか知らない。私は今までそこまで初級の学生に教えることがなかったので、これからどうやって教えようかとても悩んでいる。前任の先生による引継ぎもほとんどできていない。みんなの日本語の初級の第2課までしか教えていない、ということだけ聞いた。語彙コントロールといって学生がまだ習っていない単語や文法は授業中は使ってはいけないのだ。よく駐在員のおじさまに言われるんだけど、「日本人だったら日本語教えれて当然なんじゃないの?」って言われるとものすごくむかつく。そんなに簡単なことではないのだ。語彙コントロールにより、何かを伝えるときはとにかく身振り手振りや絵、図、写真なんかで伝えなければならない。それかそれまでに習った文法や単語を使って説明するかだ。この子のように第2課までしか習っていない子に教えるのは、ジェスチャーが一番だ。子どもだし、絵や写真や大きな動き・表情で日本語の言葉をインプットさせていくのだ。先週の初授業はお母さんが見守る中での授業だったし、いいとこのお嬢さんということでかなり緊張したな。ってか正直、家庭教師は苦手だ。人に家に入るというのは気疲れする。

メインメニュー

タイ人一覧

携帯サイト