今考えると送ってもらう車の中であんなにしつこく彼らの部屋へ誘われたのはとても危険なことだったのだ。

もし、あのときバカな私が何にも考えず「いいよー」なんて言って彼らの部屋に行ってたら確実におそわれていたと思う。タイではこういう話をよく聞く。男何人かで女の子をおそうのだ。私はあのとき本当に気分がわるくて1分でもはやく家に帰りたかったので、とにかく「送って」としつこく言ったのだ。それでも「俺たちの部屋で休んだらいいから」と言われた。ところで彼らの車には大きなTVがあって、彼らが演奏するDVDの映像を流してくれた。「あーこの人たち本当にアーティストなんだー」と思った。私のアパートに着いたとき彼らは「明日私の仕事の休憩(2時から4時くらい)に映画に行こう」と誘ってくれた。正直、超疲れたから明日の休憩くらいはぐっすり寝ようと思っていた。でも誘われたのでOKの返事をした。しかしタイ人って元気だよね。勤務先のスタッフもそうだけど、朝まで飲んでそのまま仕事に行ってもピンピンしている。逆にテンション高いくらい。みんなそういう意味では若いよね。で次の日頭いたいけど頑張って仕事に行き、休憩になった。でも彼らからの連絡はなかった。そういうとこタイ人だな。誘っておいてドタキャンかよって感じ。でも連絡がなくてよかった。正直くたくただった。映画館に行ったところで寝てしまうに決まっている。彼らはデスノートが見たいと言っていた。きっと彼らも二日酔いでしんどかったんだろう。それから何週間後、うちの店にとてもかわいい女性が来た。タイ人スタッフは口をそろえて「タイ スーパースター」と私に教えてきた。アニーとかなんとか言ったかな。本当にかわいかった。しかもその女性、男性と二人で食べに来たのだ。その男性がなんと!その彼だったのだ。私を送ってくれて、しかもしつこく部屋に誘ってきた彼だ。本当にびっくり。彼が芸能人の女性を連れてくるなんて。付き合ってるのか、友達なのか、遊びの女なのか、私には分からないけど、タイ男ってほんと強烈ね。

メインメニュー

タイ人一覧

携帯サイト