私の隣の隣の部屋には新聞会社に勤める男の子が住んでいる。

おそらく私と同年代で色白のけっこうかっこいい子だ。彼は私のパソコンのインターネットの接続をしてくれたり、しかもその回線は彼のパソコンからつないでもらっている。彼はネットに月1500バーツほど払っているみたい。なので私も半分払うよと言ったのだが、そんなことする必要ないとしつこく言うので結局今のところ払っていない。その代わりに彼にドーナツやごはんのおかずなんかを分けてあげることにした。こないだイタリアンレストランで食事したときにお持ち帰りでチョコシュークリームを買ったのでそれをあげたら、超喜んでいた。その表情がすごくかわいくて、なんだか最近気になる存在になってしまった。彼と廊下ですれ違うことをいつも期待しているみたい。今日、なんと彼が私の部屋に来てくれた。私のパソコンを借りていった。30分後、彼は私の部屋に来てくれた。彼は私のパソコンに東京DOGSのドラマを取り入れてくれたみたい。彼は本当によくしてくれる。いい人だ。ちょうどそのとき私はごはんを作っていたので「ごはん食べる?」って聞いたら、「大丈夫です」と一言言った。タイ人はとても遠慮するので、彼はもしかしたら本当は食べたかったのかもしれないと思った。でもそのとき私が作っていたのは豆腐のスープで人にあげるほどのごちそうじゃない。後悔したのはなんでそのとき私はもっとおいしいものを作らなかったのだろうということだ。まさか彼が来てくれるとは思っていなかった。彼は辛いものが好きなのかもしれないし、わざわざ持って行ってあげても迷惑かなと思った。今日仕事の帰りにでも甘いもの買ってあげようかなと思う。彼甘いお菓子がすきみたいだからね。


メインメニュー

タイ人一覧

携帯サイト