昨日、アパートの部屋の水道がいきなり吹っ飛んで、水がものすごい勢いで流れ、止まらないという事件が起こった。

その日は外に出かけた帰りで、いつも家に帰ったら足を洗うのが習慣だった。いつものように足を洗おうと浴室に入った。すると窓が全開になっていたので、「あっいけない。蚊が入ってきちゃう」と思って、急いで窓を閉めようとした。そのとき、なんと窓がはずれていきなり向こう側に落ちたのである。向こう側というのはベランダになっていて、私はベランダの水道でいつも食器を洗っている。すごい音(ドシーン)という音とともに「ジャー」と勢いのある音が聞こえた。急いで向こう側(ベランダ)に行くと、なんと水道の蛇口が吹っ飛んで水がものすごい勢いで吹き出ているのだ。びっくり、というか言葉を失った。一人でどうしたらいいかも分からなくて、すぐにいつも仲よくしてもらっている隣の隣のタイ人女性の部屋に行って「水道が壊れた!」と言った。彼女も意味が分からなかったらしく、しかも私も焦ってうまく説明できない状態だったので、彼女は走って私の部屋に来てくれた。彼女はとりあえずタライを置いて吹き出る水をなんとかしようとした。が、吹き出る勢いがすごすぎてあっという間に水が満タンになっちゃった。警備員にすぐ連絡して、警備員は隣の煉から、水を止めるためにキーか何かを借りに行ってくれたみたい。私の部屋だけ水を止めてもらった。同じ階の住民がぞろぞろ何事かと見に来た。めちゃくちゃ恥ずかしいよ。そのとき、ごはん食べようとしていたときで、しょぼいテーブルの前に前の日に作ったゴーヤの炒め物の残りとKFCで買ったチキンを置いてて、部屋の中も脱ぎっぱなしの服とかで散らかってる状態をいろんな人に見られてしまったのだ。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト