昨日日本人学校の小学校3年生に国算を教える授業があった。

小3の子たちは大人になついてくれるギリギリの年代って感じ。小4小5になるとちょっと大人に警戒したり、生意気な子が多くなってくる。小3の子たちは私にいろんなことを話してくれる。わに園に行ったときのこととか、街中にときどき出てくるリスとか。昨日えらい盛り上がったのはヤモリの話かな。ある男の子が日本人学校で授業中にヤモリを手でつかまえたんだって。それを先生に渡そうとしたら先生が「かわいそうだから逃がしてやりなさい」って言ったんだってさ。その子は「だってヤモリからから鳴くからきもいじゃん!」て言ってたわ。たしかにタイに来て初めて知ったことはヤモリって鳴くんだってこと。日本でも山のふもとに住んでいた私はヤモリが家に入ってくることが何度かあった。でも鳴き声を聞いたことはなかった。タイのヤモリってからから言うよね。だからすぐに「あっちかくにヤモリいる」って分かるんだ。生徒達はなぜかヤモリの話が大好きで、女の子も楽しそうに話を聞いている。タイにいるからこそ、日本人同士の中でヤモリなんかの話題で盛り上げるんだと思う。だいたい、日本で都会に住んでたらほとんど見ないよね。タイは都会でもウジョウジョいるな。それでしばらくヤモリの話で盛り上がっていたそのとき、窓の外で電線の上でおいかけっこしているリス達がいた。この国、超環境悪いのに、こんな街中にリスなんかいて不思議。子供達もみんな席をたって見ていたな。私は実は昨日初めてリスを見たんだけど、子供たちは何度もうちの塾の周りでリスを目撃しているみたい。何、食べて生きているのかな。。。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト