約束の食事の日、私ははりきってミニスカートを着て行った。

彼とエンポリアムで待ち合わせということでエンポリに着いたら彼の携帯に連絡するという話だった。彼とBTS直結のエスカレーター付近で会った。彼はいつものスーツ姿ではなかったが、カジュアルすぎないきれいめな格好で来ていた。どこで食事をするのかすごく楽しみだった。きっと素敵なお店に連れて行ってくれるんだろうとドキドキしていた。まさかエンポリ内で食事はないだろうと。彼若いけど、仕事バリバリしていて家柄も良さそうだし、きっとおしゃれなイタリアンもしくは和食レストランかなと思った。彼はどこで食事がしたいかまず私に聞いてきた。どの男性もとりあえず聞くよね。私はどこでもいいよと言った。本心はどこでもいいわけじゃないけどね(笑)。んで、彼は「たしかこの上にフードコートがあるますよね」と言ってきた。は????フードコート??!!!そんな庶民的なところでお食事ですか???って感じだ。そりゃあ普通のタイ人の男の子に連れて行かれるなら、別に構わない。一般的なタイ人は自分よりも安い給料で大変なんだから。でもこの彼がまさか私をそんなとこに連れて行くなんてショックだった。しかも言ってみたら初デートである。はりきってミニスカートなんかはいた自分が馬鹿だった。しかもそのフードコートに入ったら彼は私に金券200バーツ程度を渡し、「これあげますから各自好きなもの食べましょう」と言ったのだ。ドン引きだね。こんな男嫌だと思った。結局私は屋台で食べるようなぶっかけご飯を食べ、彼はソムタム(しかもとうがらし無し。まったく辛くない。こんなのソムタムじゃないよ)を食べていた。こんなんだからタイの女性にふられるんだよっつうの!!それか私のことが嫌でわざと嫌がられる態度をとったのかな。どっちにしろ嫌な男だった。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト