私が初めてタイに来たのは3年以上前で、カオサンを拠点にするバックパッカーみたいなものだった。

カオサンには2か月ほど滞在した。当時は22歳くらいでピチピチだったのでえらいモテて調子に乗っていたなあ(笑)。一人旅だったけどいつもいろんな人と友達になり、毎日誰かとご飯を食べて、新鮮な毎日を送っていた。しばらくしてカオサンにも飽きてきた。だいたいカオサンで出会う人間って変な人が多い。まあ自分もそう思われているかもしれないけど。昔はとくにそうだった。カオサンにいる人間にはろくなやつがいなかった。ドラッグが出回り、酒に酔った人間がうじょうじょしている感じ。あそこにいるとどうでもよくなっちゃうのだ。私も実際あそこにいる1か月間は毎日茣蓙の上にあぐらをかいてビールや酒を飲んでいた。いろんな男に声をかけられ、ついていきそうになったことだってある。自分を見失うようなところだ。だってみんなその日暮らしなんだもん。人との出会いもその日だけのもの。確かにお互いいつ国に帰るか分からないし、明日また会えるかも分からない。なので気にいった子がいたらみんなガンガンいく感じ。そういうのが普通の場所だ、カオサンは。私が住んでいたゲストハウスも誰かを連れ込んでいる人があとを絶えず、連れ込み禁止令が打ち出された。私にような女性は別にいいけど、ファランの男性たちはみんなそれにこたえていたようだ。それでもゲストハウスの人間に見つからないように、女性を連れ込む人もいた。どんだけ必死やねんって感じ(笑)。私の部屋に来たいっていうタイの男の子が何人かいたが、ありえないっつうの。でもそういう日本人女性も中にはいるらしいよ。タイ人男にはまる日本人女性、けっこういたなあ。。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト