軍用機はドンムアンの空軍基地から地方の空軍基地へ毎日飛んでいるわけではないようだ。

スラーターニーへは週3回くらい飛んでいるみたいだ。スラーターニーからバンコクへも週に3回ほど。私は本当はチェンマイや他のまちへ行きたいのだが、原則バンコクと実家の行き来にのみ軍用機に乗ることができるようだ。じゃないとみんな好き勝手に軍用機に乗るだろう。私も軍隊の家族でもないのにちゃっかり乗ってるし。旅客機ではなので出発の時間も大幅に遅れるし、急ごうという姿勢もない。当たり前だが、軍の予定に合わせて飛ぶのであって私達は「ついで」に乗せてくれるだけ。なので「1時に出発の予定」と聞いて、12時半にみんな集合しても2時間3時間待たされたりする。でもバスや電車で10時間も揺られるよりかはよっぽどマシ。私が乗ったときは毎回だいたい時間通りだった。でも一度、スラーターニーからバンコクへ帰る際、軍用機は途中プーケットによるということでプーケットへ行った。それから1時間後に再出発と聞いていたのに、飛行機の故障(エンジンかなんかのトラブル)で出発できなくなった。私と友達は一晩プーケットで寝るはめになった。私達は当時学生で次の日も別に何も予定なかったので良かったが、他の人は皆予定がくるって大変だっただろう。でも旅客機じゃないので責任とってくれないし、皆の予定なんか知ったことじゃないだろうな。私は軍の施設で一晩寝て次の日バンコクに無事帰ることができた。これもとても貴重な体験だし、今となっては楽しい思い出だ。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト