カオサンで私の友達は変なイスラエル人と恋(?)に落ちてしまった。

私は私でたくさんの人と出会い、たった5日間で帰国するのはものすごくもったいないような気になった。友達は帰国を延ばすつもりだった。私も私でもう少し長くいたかったので結局滞在を延ばすことにした。飛行機は14日間FIXなので問題はなかった。ギリギリの14日後に帰国するように変更した。友達は彼と出会ってからは毎日彼と会っていた。私も一緒に誘われたので邪魔かとは思いながら3人で行動することが増えた。彼の住む部屋で夜はお酒飲んだりしていた。そのうち、彼と友達はこの部屋で3人で寝ようと言い出し、正気かよ??と思ったけど、そのときはカオサンフリースタイルに飲み込まれていたので、それに応じた。ていうかお金がなくなってきてゲストハウスに一日何百バーツかお金払うんだったら彼の部屋に泊めてもらえば、その分お金が浮くと思った。彼の部屋一日700バーツほどする、カオサンにしては高い部屋だった。広くてきれいだった。もちろん彼がお金は払ってくれるので、喜んで滞在させてもらった。たった10日間ほどのことだ。・・・と思っていたら、またまた事件が起こった。私たちは滞在最後の前日パタヤーに行った。パタヤーに行ったものの、私は入墨を入れたばかりの太ももに海水をつけてはダメと言われ、彼女も彼女で水着を持っていなかった。なので単に海を見ながら食事をするだけだった。蚊にさされまくりで、キャミソールを着ていた背中は真赤になってしまった。しかも日焼けを気にしていつもたっぷりクリームをぬっているのに、ものすごく日焼けしてしまったのだ。原因は一緒に行ったタイ人が貸してくれた日焼け止めクリームが実は日焼け止めクリームじゃなかったのだ。

メインメニュー

タイ生活一覧

携帯サイト