タイでメジャーな日本食レストランにOISHIというチェーン店がある。

BTSの駅構内にも出店していてお持ち帰りでスシや弁当なんかが販売されている。うちのアパートの近くにもOISHIのレストランがあるんだけど、そんなにお客さんは入ってないかな・・。私はFUJIには食べに行ったことあるんだけどOISHIで食事したことはない。なのでこないだ、初めてMO CHIT駅でOISHIの持ち帰りを買った。日本にはない種類のスシがあった。やっぱり暑い国なのでにぎりでも生ものは少なめだ。それってある意味スシのおいしさ(さしみ)が味わえないってこと。こんなの本当のスシじゃないなという印象。もしこれをタイ人が食べて「日本の代表的な食べ物スシってこんな程度のものか」なんて思われたら、たまったもんじゃないな。実際バンコクにも超高い値段だけど、めちゃくちゃおいしいスシ屋はある。でも一般的なタイ人が行けるような店じゃない。タイ人庶民はOISHIなどの安い店で日本料理を知るのだ。でも我々日本人からするととてもおいしいとは言えない。以前駐在員のおじさまがタマサート大学で講義をしたらしい。そのときの昼ごはんに出てきたのがOISHIのお弁当だったんだって。駐在員のおじさまなんて毎日いいもん食べてるのにこんなもん食べれないでしょ。実際彼はその時はじめて口にしたらしい。おなかすいてたけど、まずいから残したって言ってた。一応大学側としては日本人に対する心遣いで和食の弁当を用意してくれてたんだろうけど、駐在員はええもん食べてるからこんなの口に合わないってことくらいわかっとくべきだよね。葵の弁当だったらバッチリだな。