今日行ったレストランはトンローにあるが、バンコクのイタリアンレストランってだいたいトンロー辺りに集中しているよね。

私の勤務先の塾のすぐそばにもBACCOとかいうイタリアンがあるな。ワインが豊富って聞いたことあるけど、私は行ったことない。ベッコフィーノとかに比べると、カジュアルなイメージで値段もそんなに高くなさそう。ベッコフィーノは常にホールにオーナーがいてスタッフのサービスの様子もしっかり見ているし、お客さんの様子もよく見ている。なので、サービスはしっかりしている。食後にはオーナー自ら食後酒をふるまってくれるし、気分がいいよね。今日おじさまが言うには「日本人がいないところで食事したかった」らしいけど、残念ながら本日のベッコフィーノ、日本人だらけだったよ。しかも10人くらいの団体さんが2組もいた。でも和食の居酒屋と違って、アホみたいな騒ぎ方はしないし、しっとりと大人飲みする感じ。団体が2組もいるのに店はガヤガヤしすぎず、いい感じの賑やかさがあった。なのでおじさま的には問題なかったよう。なんせ前回会ったとき、悪酔いしてちょっとけんかっぽくなって別れたので、今回はお詫びのつもりで私を誘ったようだった。やたらやさしくしてくれるので甘えてお持ち帰りでケーキをたくさん注文しちゃった。そこのケーキ全種類とシュークリームを3つ。あと、パンナコッタも。こんなに持ち帰りでケーキを注文するお客さんいないだろう。スタッフも笑ってて、しかも中からシェフまで出てきた。オーナーもうれしそうだったな。帰り際に、シェフがおじさまに一言。「Enjoy the cakes!」だって。彼はなくて私が食べるんだよって感じ。あしたあさってしあさってにはたぶん食べきるだろう。食事のあとにもティラミスとウォームチョコレートっていうの、一人で全部食べちゃった。おじさま私を見てひいてたな。でも女は甘いものは別腹だよね!