タイのバレンタインは日本とは違って、チョコレートにこだわる必要はない。

タイでは、基本的には男の子が女の子に花やモノをプレゼントする。日本と逆だ。最近は日本の文化風習を真似る傾向があり、チョコレートを渡す子も増えているみたいだ。昨日、サラデーンに行く約束だったので、そこまでバス&BTSに乗った。バスではやっぱりいつもよりもカップルが多いという印象。でも花やプレゼントを持った人は見かけなかった。BTSに乗ると、プレゼント持った子がやたら目立った。タイ人なりのおしゃれ(正装?)しちゃってどこで食事するんだろうって感じ。男の子がきれいなバラの花束を持っていて素敵だなと思った。あと、制服を着た女子大生が造花だと思うけど、しょぼい花束を持っているのが目立った。あれはさすがにないわ・・・と思う。20バーツほどで売ってるんじゃないかな。ああいうのは日本人の感覚には合わないな。日本人は好きな子になにかプレゼントするときはブランドやおしゃれなものにこだわって、相手に喜んでもらおうとする。でもタイはそういうのは全くない。よく言えばお金なくても全然OKだ。一般的なタイ人ってブランドもんが買えるほどの余裕ないしね。私も以前タイ人の男の子に変な花もらったことある。部屋に飾りようのないダサさなので結局タンスの中にしまった。あと、ぬいぐるみももらったことあるよ。これもどうしようもないダサさで、だいたいくまなのか犬なのか分からない。ディズニーのプーさんとかならうれしいんだけど・・・。コピーはやだよ!前にキティちゃんかわいいって言ったらタイ人の男の子にキティちゃんグッズもらった。でも全部コピーだった。妙にキティちゃんの足が長いのだ 笑